So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
俗・洋楽 ブログトップ
前の30件 | -

一応買ったけど名盤です。その2 [俗・洋楽]

昨日のタンゴは40分ちょっとしかないのでもうちょい収録されててもよくね? と思いました。


あと、

プロフェッツ・オブ・レイジ

プロフェッツ・オブ・レイジ

  • アーティスト: トム・モレロ,ティム・コマフォード,ブラッド・ウィルク,カールトン・ライデンハワー,ルイ・フリーズ
  • 出版社/メーカー: Hostess Entertainment
  • 発売日: 2017/09/15
  • メディア: CD
やっぱ買いました。一応。
音はわりとレイジなのにヴォーカルがザックじゃないのがわかっちゃいたけど違和感。
慣れれば普通にいいアルバムかな? とは思います。
もう少し聴き込みたいです。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

メリハリ [俗・洋楽]

Live at Finsbury Park [Blu-ray]

Live at Finsbury Park [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: Eagle Rock Ent
  • メディア: Blu-ray
夏だ。テンション上げよう、ってことでレイジBD観てる。
最初のほうの導入のナレーション全然覚えてなくて、観たことなかったっけか? と思ったが曲が始まったら思い出した。ドラマーのブラッド・ウィルクの肉体を見て俺のほうが勝ってると思いたいけど、もっと筋肉を鍛えたいと思った。日本盤はDVDしかないけど、やっぱ字幕欲しいな。筋肉は鍛えたいけど英語を勉強する気はない。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2018-06-15 [俗・洋楽]

もう一回くらいは聴くかと思って、昨日のリベンジでリヒター版四季を大音量で聴いてます。

やっぱ、これはこれでいいです。四季を聴くときに4回に1回はリヒター版を聴いてあげてもいいかな(というよりリヒター聴いたら3回はオリジナル聴かなきゃ、かも)。

変な鳥の声が入ってるカップリングのSHADOW1~5は要らないです。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

黒い衝動云々は正直ピンと来ないけど [俗・洋楽]

ウンガレッティ全詩集 (岩波文庫)

ウンガレッティ全詩集 (岩波文庫)

  • 作者: ジュゼッペ・ウンガレッティ
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2018/04/18
  • メディア: 文庫
なんかお勧められたんで、見たらちょっとよさそう。そのうち買う。
ただ別の本のレビューで誤訳が多いってあったのでちょっと微妙。知ったかかも知んないけど。
今日は、今はBRMCの8thに戻ってきて、
ロング・クリーチャーズ

ロング・クリーチャーズ

  • アーティスト:ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブ
  • 出版社/メーカー: Hostess Entertainment
  • 発売日: 2018/01/12
  • メディア: CD
これ、別格的に素晴らしいですぞ。
普通にいいとかいうレベルじゃない。素晴らしい。
他のは普通にいいんだけど、ただ鳴ってるだけみたいな感じになることもある。
これはガンガン入ってくる。来る。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

絶対忘却 [俗・洋楽]

ビート・ザ・デビルズ・タトゥー

ビート・ザ・デビルズ・タトゥー

  • アーティスト:ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブ
  • 出版社/メーカー: ホステス
  • 発売日: 2010/03/10
  • メディア: CD
これ聴いてる時点でほかのがどんなんだったか忘れた。
まあ1stから8thまで(配信限定の5thは聴いたことないけど)なに聴いてもBRMCであることはわかると思う。
ただそれぞれのアルバムがどんなのだったかどうしても覚えられない。脳に障害があるんだと思う。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

4th [俗・洋楽]


今聴いてるけど、普通に快作。

どんなのかまったく覚えてなかったし、たぶん1回は聴いたんだろうなってくらいだったので、これはさすがに琴線に触れなかった凡作だろうと思ったけど、またまた忘れてるほうがおかしいパターンだった。自分はファルセットボイスとか凄いエモーショナルでギターが捻じ曲がるような音楽がすきなんだけど、これは、というかBRMC自体そういうのからは外れているから、一番好きなバンドでもアルバムでもないけど、どんなのかは思い出せなくとも良かったか悪かったかくらいは朧気にでも覚えていていいんじゃないか、と思った。

0円で新譜が聴けるみたいで便利かもしれないけど。

聴けば、「あー、これこれ」って思い出すレベルですらないってヤバイ気もする。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

配信限定の5thだけ持ってない。 [俗・洋楽]


スペクター・アット・ザ・フィースト

スペクター・アット・ザ・フィースト

  • アーティスト:ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブ
  • 出版社/メーカー: ホステス
  • 発売日: 2013/11/27
  • メディア: CD

どんなのか忘れてた7thも聴いた。聴いてる。

3rdのHOWLも聴いた。

3rdは忘れるほうが悪い。大傑作と思った記憶だけはあった。

7thはいま6曲目、よくわかんない。また忘れそう。

9thが出る頃には8thどんなのだったっけ? とか言ってんのかも。

ヘビロテして沁みこませなきゃそうなる。

もう他の聴いてる。

明日は4thと6th聴くつもり。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

やっぱこういうの [俗・洋楽]


ロング・クリーチャーズ

ロング・クリーチャーズ

  • アーティスト:ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブ
  • 出版社/メーカー: Hostess Entertainment
  • 発売日: 2018/01/12
  • メディア: CD

洋楽が一番好きだった頃の音がしてる。

一番だった頃を思い出させるような。


まあ悪かないがどうせすぐどんなんだったか忘れるような類のアルバムだろ、とタカをくくっていた。

新作が出たからといってわざわざ買うまでもない、と放置していた。ヨドバシでついでに買った。ポイントつくし。


前半はかなり好き。雰囲気ある。

最終曲も素晴らしいのでボーナストラックがないのは逆にいい。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

抵抗はその2 [俗・洋楽]

え、ディスク2聴いたよ。聴いてる。

今日もディスク1が聴きたかったんだけど、一応聴いとくかって。

え、デモだよね。ディスク1のデモ音源。

え、え、デモのほうがいいって、バカなの?


「ディスク2はおまけみたいなもんだから通常盤買ったほうがいいよ」みたいなことを書こうと思ってたのに。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

抵抗は無駄だ、大人しく以下略 [俗・洋楽]


レジスタンス・イズ・フュータイル -デラックス・エディション-(完全生産限定盤)

レジスタンス・イズ・フュータイル -デラックス・エディション-(完全生産限定盤)

  • アーティスト:マニック・ストリート・プリーチャーズ
  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2018/04/18
  • メディア: CD

ジャケもネタとかじゃなくて意味があった。真面目だ。

ボーナストラック3曲も蛇足にならず、2曲目なんかはかなり好き。

こんな臆面もなく情熱的な人によっては大変こっぱずかしい名曲を15曲も揃えられたら、降参するしかない。

ディスク2は聴いてない。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日はよりもいの妄想を書かなくて済みそうだ。 [俗・洋楽]


レジスタンス・イズ・フュータイル -デラックス・エディション-(完全生産限定盤)

レジスタンス・イズ・フュータイル -デラックス・エディション-(完全生産限定盤)

  • アーティスト:マニック・ストリート・プリーチャーズ
  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2018/04/18
  • メディア: CD

飛行機の中でトレイに突っ伏して寝てるキマリが実はめぐっちゃんのことで涙ぐんでたらグッと来るぜ。

そして報瀬だけがそれに気付く。よっしゃ、百合はもらったあああ! とか思ったけど、なんすかこれはあああ!

もう最初の15秒でキタコレ思った。2分で確信。

マニックスの13作目。

完全に惰性で買ってて何も期待してなかったんだけど、エヴリシング・マスト・ゴーは超えたな。

1st~3thが好きな人は例によって、こんなのマニックスじゃないってなるんだろうけど、自分は6thの変態的なのが一番好きなので問題ないです。ほとばしるようにエモいです。ただごとでないレベル。


心を熱く衝き動かす「歌」が此処にある。


っていう帯の文句が誇大広告じゃなかった。聴く前は冷笑してたけど、本物だった。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2040年1月1日とは? [俗・洋楽]

なんか無性にプラシーボ聴きたくなったんで、ベスト盤さがしたんだけど、何故か見つからなかった。

どうしたんだっけな。NASに入れた後、どっか手の届かないところにしまったのかな。

ん、あれ、これかな。こんな下のほうに重なってるの取れねえよ。

……NASで聴けばいいじゃん。


というわけで今年初めてNASの電源入れた気がする。NAP(ネットワークオーディオプレーヤー)も。

年末に突如ガルパンにはまってから、よりもいやらゆるキャンやら始まって、途中kindleの百合漫画収集に忙しくなった後はずっとよりもいの風が続いてる。そんなわけでちょっと遠ざかってた。


プラシーボは音に得も言われぬ色気があって、一瞬で世界に引き込まれる。




数ある名曲の中でも特にお気に入りの一つのThe Bitter Endが収録されてるコンピレーションアルバムっぽいんだけど、ほかにレディオヘッドやコールドプレイ、ブラーなんかが入ってる。なぜこの面子でシンプル・プランが入ってくるんだ? いや、そんなことよりデジタル配信版の発売予定日2040/1/1って?

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

あんまり嬉しくない [俗・洋楽]

オールウェイズ・アセンディング

オールウェイズ・アセンディング

  • アーティスト: ボブ・ハーディ,アレックス・カプラノス,ポール・トムソン,ジュリアン・コリー
  • 出版社/メーカー: Hostess Entertainment
  • 発売日: 2018/02/09
  • メディア: CD

5曲目のひきこもりって空耳かと思ったらほんとに言ってた。すげーな、ひきこもり

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2018-03-02 [俗・洋楽]

ゆるキャン9話は作画戻った感じ。8話の後遺症ゆえに細かい部分気になってしまったけど、このくらいは問題ない。お茶屋さんのお姉さんがあおいちゃんより出番長かった。へやキャンで補充して欲しかったけどまあいい。

フランツ・フェルディナンドの新譜聴いた。

1stとかは問答無用で体をもっていかれるようなノリの良さがあったけど、なんか微妙に違う。なんかずれてる。ノレそうでノレない。が、悪くない。この微妙なずれが引っかかる感じで、変な気分になって、ちょっと面白い。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

それでもデラックスを [俗・洋楽]


レジスタンス・イズ・フュータイル(通常盤)

レジスタンス・イズ・フュータイル(通常盤)

  • アーティスト:マニック・ストリート・プリーチャーズ
  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2018/04/11
  • メディア: CD


 ↓ デラックス・エディション ↓




再入荷予定立たず、ですと?

ビックでもヨドバシでも予約終了的な……

惰性で買ってるだけなので通常盤でも構わないし、なんなら買わなくても済ませられるけど、セブンネットで予約しました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2018-02-26 [俗・洋楽]

ベルセバの新譜をお薦められたのがTシャツ付き限定盤5940円とかだったので、もっと安いのはないかと検索したら何故か小沢健二の新譜が引っかかった。出てたの知らなかった。ありがとうございます。ついでにフランツ・フェルディナンドの新譜も買いました。ほかにもブラックレベルモーターサイクルクラブの5年ぶりのなんとかとかがあったけど、これはまたなんかのついででいいや。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

衝動買いします。 [俗・洋楽]

Live At Montreux 1991 (CD+Blu-Ray)

Live At Montreux 1991 (CD+Blu-Ray)

  • アーティスト:TOTO
  • 出版社/メーカー: EAGLE ROCK
  • 発売日: 2016/09/16
  • メディア: Blu-ray
衝動買いします。
ジェフ・ポーカロ モデルのドラムスティックを持ってるのですが、そのジェフ・ポーカロを知らないので急に気になりました。
音楽モノのBDを観るとき、せっかく時間作ったのにリタリンが裏目ったのか何故か病的に眠くなるときがあって、おちないためにドラムスティックで一緒にエア演奏するんだ~っていうどうでもいい話を2回目だけど、ネタないからそれでごまかそうかなと思いつつ書きあぐねているうちにジェフ・ポーカロ モデルというのが妙に気になりだして、↑を買います。ジェフ・ポーカロはあんまり映ってないそうなんですが……

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2018-01-16 [俗・洋楽]




ゆうべロシアのカチューシャを聴きまくったんだけど、↑が一番よかった。オジサマがいい声で涙を誘われた。

ほかは情感のないダンスミュージックっぽくなってる腐れカチューシャが多かった。


ガルパンサントラはディスク2から聴いて、一通り再生したら10曲目の歌ありカチューシャだけエンドレスイリュージョンした。10回くらいは聴いた。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

凄い短くてよくわかんないけどまあ悪くなかったです。 [俗・洋楽]


モニュメンツ・トゥ・アン・エレジー

モニュメンツ・トゥ・アン・エレジー

  • アーティスト:Smashing Pumpkins
  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2015/02/25
  • メディア: CD

オセアニアでやめてたけど、聴き直したらそんなに悪くなかったので次のも一応買った。

オセアニアはオセアニアツアーかなんかのBDがショックすぎたので精神的に封印していた。

誰だ、この太っちょは? っていう......

いま関係ないけど行田市の巨大な わらアート2017のヤマタノオロチがでかくて、NHKのインタビューで子供が「凄い大きくて大迫力で凄かったです」と言っているのがツボにはまった。

誰だ、この太っちょは? っていう......

そのBDは確か3D対応でもあるんだよな。うん、観たくない。

このモニュメンツなんとか、帯の文句が「ビリー・コーガンは進化する為“スマパン”を鳴らし続ける―ー」

なんか哀れっぽいからやめて。そゆ書き方しないで。

もうぜんぜん期待しないで結城友奈の最終回の放送日時を調べながら再生していたら案外良かった。いまひとつパンチに欠けるところだけど、まあ邪魔にならないし、駄作だったら聴くだけ無駄って気がして二度と聴きたくなくなるものだけど、そんなことはなくて、30分ちょっとなのでつい2回3回と繰り返してしまう。

最終回は「2018年1月5日(金)26:05〜」でした。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

久しぶりに聴いて [俗・洋楽]


モーニング・グローリー デラックス・エディション(完全生産限定盤)

モーニング・グローリー デラックス・エディション(完全生産限定盤)

  • アーティスト:Oasis
  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2014/09/24
  • メディア: CD

今更ですがちょっと欲しくなりました。

自分はオアシスよりもブラー、ブラーよりもスウェード、そのうちクーラ・シェイカー...みたいな感じだったのでそんなに好きじゃなかったというか、あんまり好きになりたくなかったんですが、ハイレゾ級アップサンプリングを真空管ヘッドホンアンプ&MDR-EX1000で聴いてしまうと抗し難いですね。

マンドゥ・ディアオはオアシスを超えたと勝手に思っていたのですが、その信念が一瞬揺らぎました。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

いいかげんなはなし [俗・洋楽]


Slipway Fires

Slipway Fires

  • アーティスト:RAZORLIGHT
  • 出版社/メーカー: Island / Mercury
  • 発売日: 2009/03/10
  • メディア: CD

NAS(アイオーのLANDISK)~NANO-NP1→DAC-1000→VALVE X SE(真空管ヘッドホンアンプ)→MDR-EX1000で聴いた。5~6年ぶりくらい。かも。何故1stしか話題にならなかったのか不思議だ。2ndは全英1位だったけど。この3rdも素晴らしい作品でもっと着実に人気が出てもおかしくなかったのに。もっと凄いアルバムを生み出し続けて欲しかったのに残念なことになっていた。




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ポーズを真似たりした。 [俗・洋楽]

今日はスマパン。最初、縞パンと打ち間違えた。我ながらしょうもない。

何日か前、なんとなく再結成1枚目のアルバムを聴いたけど、やはり解散前のアルバムのほうがずっといいな。

ZWANはかなり好きなんだけど。

そういえばビリーのソロもあった。スキンヘッドのジャケットが印象的。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「THE MUSIC」で検索すると全然出てこない [俗・洋楽]

何故か無性にTHE MUSICのDVDが何故か観たくなって、なんか今なんか観てる。馬鹿みたい、こんな昔の。懐かしいとかじゃない。ただこのグルーヴ感。2003年の俺の細胞に流れ込んで、そのまま居座っていたものらしい。そんなに好きなバンドじゃないのにほとんど忘れてない。
ライブ・アット・ザ・ブラック・キャンバス [DVD]

ライブ・アット・ザ・ブラック・キャンバス [DVD]

  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • メディア: DVD
収録が4:3で上下黒帯で16:9かなんかにしてあるからワイドモニタだと上下左右に黒枠が出来てしまう。
28インチ中21インチくらいしか使えてない。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

渾然一体 [俗・洋楽]

7thのBDオーディオ聴いてます。そもそもどっちがどっちだかわかってませんでした。マンドゥ・ディアオのビヨルンとグスタフの話。それぞれに特色はあるんですけど、マンドゥ・ディアオにしか聴こえないので、いやマンドゥ・ディアオなんだから当たり前なんだけど、マンドゥ・ディアオという一つの歌声に融け合ってしまいます。



「音声で表現することがで」って?


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2017-10-11 [俗・洋楽]

グスタフは、ビヨルンがマンドゥなら、グスタフはディアオだというくらい、マンドゥ・ディアオにとって重要なメンバーだったんですが、ZABADAKから上野洋子が抜けたくらいの痛手で済んだみたいです。

今日も8thを聴いています。7thよりずっと良いです。7thはよくわかりません。ブルーレイオーディオまで買ったんで、好きは好きですけど。変態的ですね。スウェードのヘッドミュージックとかマニックスの6thとかカオスモスの運動を感じさせるアルバムは好きですけど必ずしもよくわかりません。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

いらんかったんやとは言わないけど、ビヨルン健在なら問題なし [俗・洋楽]



Limited Editionもありますが、そちらは紙のスリーブがついているだけなので、こちらのほうが断然お得です。

自分はLimited Editionに3453円払ってしまいました。

でもそんなことはどうでもよいくらい傑作です。

ツインボーカルの一人が抜けちったらしいがまったく違和感ないです。なんらパワーダウンしてないです。

まあジャケットはずっと変だし、日本盤でねーし、メンバーの脱退も致命的に思えて、もう落ち目なのかなと期待してなくて、3453円って高いし、届かなくてもいいやという感じでポチッたら案外早く届いてしまいました。そして購われました。グスタフには悪いが、抜けたのがグスタフのほうでよかった。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ヴォリュームを大きめにしただけだったりして [俗・洋楽]

PJハーヴェイはゆうべ見たら俺がショッピングカートに入れといたの全部買われてた。

59円の「非常に良い」2ndも1200円のコレクター商品の1stもなくなって、いきなり3080円とか3800円とか言われた。

まあ59円には期待してなかったからいいんだけど、ちょっとどう「非常に良い」のか確認したかったな。

PJハーヴェイはしばらくおいといて。

ヴェルヴェット・ティーンの4th。これが急に良くなってしまった。

なんかピンとこなくて「歌心がない」とまで言い切ったというのに。

「ない感じ」としたから言い切ってはないけど、知り合いにファンがいるから配慮して逃げを打っただけで心の中ではほぼ確定。断言。残念だけどノレないアルバム。そう諦めていた。

一応ほかのいろんなヘッドホンでも聴いて、手を尽くしてから放置しようと思っていたけど、MDR-EX750のまんまでなぜか良くなってしまった。

放置前提の諦めムードで希望のない義務的なチェック作業を開始するに当たって、もう一度だけ、いわば基準点としてEX750での音を確認しておこうと聴き始めたら、なんか知らないけどスゲーよかった。

どういうことなの?

いや1,2曲目は最初から良かったんだけど、その後盛り上がりに欠ける感じで8曲目なんか10分オーバーの大曲なので期待してたらすかされた感じで高揚感もなく、ちょっと激し目の曲は逆に短くていまいちノリ切れないまま終わってしまう。それが昨日から何がどう変わったのか、嬉しい事に1,2曲目の「お、おお」みたいなキラキラ感が3曲目以降もずっと維持されるようになった。各曲の表情が見えてきた。


このジャケットに色がついたとか細部が見えてきたとかそんな感じ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「非常に良い」とは [俗・洋楽]


PJハーヴェイは4thのIs This Desireしか持っていなくて、それは物凄く気に入っていたんだけど、何故か他のアルバムを買おうという気にならなかった。

今回ヴェルヴェット・ティーンの4thのついでにポチッた。

1stと2ndと5thもポチろうとしたけど、Amazon発送でないものは届くのが連休中になりそうだったんでやめた。2ndは59円+350円。中古。「非常に良い」と言うんだけど……

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

期待値を上げすぎた [俗・洋楽]

ヴェルヴェット・ティーンの4thは今日も聴いたけど、1曲目の冒頭は、おお、と嬉しく、わくわくするんだけど、その後あんま盛り上がらず、BGM的に聴いていると、ほんとにBGM的にただ鳴っているだけになってしまう。2ndには、BGM的に聴いていてもそれを許さないような、どうしても引き込まれてしまう凄みがあったのに。個人的には4枚の中で最も劣るアルバムになってしまうかもしれない。いまはジョニー・ボーレルのソロを聴いてて、わかったような気がするのが、ヴェルヴェット・ティーンはサウンド的にはさすがなんだけど、歌心がない感じ。サウンド的にはナニコレ? なジョニーのほうが歌心に溢れていて、聴いていて嬉しくなってしまう。ジョニーは買って良かった。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

7~8年放置してたので2~3枚買わなきゃかなと思ったら1枚もなかったので安心していたのに [俗・洋楽]


安かったので買ってしまった。

レイザーライトのボーカル&ギターのソロアルバム。

なんか2009年の3rd以降メンバーが脱退しまくって一人だけになったっぽい。

そんなものまで追っかけなくてもよかったのに、安かったので買ってしまった。

まだ聴いてない。さっきポチッたので。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の30件 | - 俗・洋楽 ブログトップ