So-net無料ブログ作成
クラシック~春~ ブログトップ
前の30件 | -

75%カットのヴィヴァルディ [クラシック~春~]

25%のヴィヴァルディ RECOMPOSED BY マックス・リヒター

25%のヴィヴァルディ RECOMPOSED BY マックス・リヒター

  • アーティスト: マックス・リヒター
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2014/06/25
  • メディア: CD
マックス・リヒターを2枚持ってるので、Amazonにお勧められたコレも気になって、購入を検討したが、その前に100%のヴィヴァルディを買っとかなきゃダメじゃんと思い、また、どうせならSACDということで、SACDの四季を探したがめぼしいものがなかった。しかたないから普通のCDでもいいかと思い直したが、そもそもマックス・リヒターの2枚のアルバムをあんまり聴いていないことに気付いた。この2枚をもっと聴き込んでからでもいいかな。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

BD欲しいだろ [クラシック~春~]

3つの世界:ウルフ・ワークス(ヴァージニア・ウルフ作品集)より

3つの世界:ウルフ・ワークス(ヴァージニア・ウルフ作品集)より

  • アーティスト: マックス・リヒター,ロバート・ジーグラー,バベルスベルク・ドイツ・フィルム・オーケストラ
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2017/03/29
  • メディア: CD
今日届いた。ケース割れてた。最近多い。いちいちそんなことで文句言ってくる奴は少ないだろうくらいに割り切っているのだろう。めんどくさいからほっとくけど、Amazonから心が離れていく。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

玄人好みなのかな その2 [クラシック~春~]

武満徹:そして、それが風であることを知った/雨の樹/海へ 他

武満徹:そして、それが風であることを知った/雨の樹/海へ 他

  • アーティスト: ロバート・エイトケン,武満徹,ニュー・ミュージック・コンサーツ・アンサンブル,エリカ・グッドマ,ノーバート・クラフト
  • 出版社/メーカー: Naxos
  • 発売日: 2003/03/01
  • メディア: CD
プライムミュージックで聴きました。
これはなかなか。
私にもよさがちょっとわかりました。わかった気がします。
これは「音」ですね。音のジオラマっていうか……いい表現思いつかないけど、普通に旋律を追うといった常識的な、凡庸な音楽の聴き方ではないものを要求されるのかなと構えていましたが、「音」が鳴った瞬間、自然にそういう聴き方になっていました。音が静寂の中から湧きあがる感じとか、それが巧みに配置されていく感じとかが、水彩か油彩かはわからないけど、なんか抽象画が目の前で描かれてく、メイキング映像的なものが視えました。
MP3でこれなら、是非CDが、できればSACDが欲しいと思いました。
Amazonのタブレットで聴いていたのですが、5分くらいで何故か百合漫画を読み始めてしまい、ただ鳴ってるだけの音になって、飽きてしまったのが残念です。脳に障害があるせいだと思います。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

玄人好みなのかな [クラシック~春~]

N饗の録画で武満徹とワーグナーやってて、武満を水彩、ワーグナーを油彩に例えていたけどまったくわからなかった。武満作品のよさがわからないので水彩とか油彩とかの話についていけない。まあまあよいのは曲のタイトルだけで、メロディは途切れ途切れでなんだかわからない。イライラする。大衆性がないっていうのはかっこいいことかもしれないが音楽性までない気がする。聴くのになにかコツがあるのか? 周波数が合わないんだろうか? 現代音楽はみんなこんな調子なのか? 大作曲家をつかまえて、こんなことはもちろん暴言だろう。わかるものならわかりたいんだけど、無理かも。佐渡裕のBDに入ってたやつもよくわからなかった。世界的な作曲家で同じ日本人として誇らしいとかいう気持ちになれない。「うーん、よくわかんないけど、有名なんでしょ? 凄いよねー」みたいなアタマ悪い感じになってしまう。プライムミュージックで5枚ほどタダで聴けるのでとりあえずライブラリに入れた。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2018-04-29 [クラシック~春~]

オランダ国立バレエの『マタ・ハリ』を録画で観た。

居間のHDDで録ったのでディスクに焼けないけど、3TBあるのでまあずっととっとけばいい。

SeeQVaultだから対応レコーダーを買ってくれば絶対焼けないわけじゃないけど、それよかBD発売を期待したい。

バレエでこんなに感動するとは思わなかった。

当然ながら歌も台詞もないし、教養がないので筋をご存知ありませんのではわけがわからんことになって、30分以上観てるのは苦痛になる。

マタ・ハリもわけわかんなくて、筋を追うのは諦めて、食事のときに観るものがないときに細切れに観てたんだけど、わけわかんないまま最後の最後まで来て、「あれ? 銃殺されるのかな?」って思ったら、なんか涙ぐんだ。

その前、フランス軍の取調べが、まあ普通のバレエの踊りっちゃあ踊りなんだけど、一方が座らされてて、テーブルの周りを取調官が、ねっとりとくねくねくるくる……「こんな取調べは嫌だ」と笑っちゃったばかりなのに、最後は泣いた。BD欲しい。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

気合を入れて字幕を見てるとあまりのつまらなさに嫌気が差してくる。その2 [クラシック~春~]

いや、第2幕からは細切れでなく、一気に観ました。

途中から急に面白くなりました。

(ジェンダー的にアレなので他に適切な表現を探したいが)女々しいとより言い様のないレンスキーの決闘前のアリアが傑作。ケッサクと言いたいところだけどこれはさすがに名アリアですね。恋人が戻ってきてくれて自分の墓の前で悲しんでくれることを切々と願ってる歌で、おいおいそんな調子でどうすんだよ。お前が申し込んだんだろうが、と思いつつ引き込まれていってしまいました。

そして大迷惑男オネーギン。

世の中にはもっと違うオネーギンがあるみたいですが、NHK音楽祭2017のオネーギンは悲劇のフリをした喜劇でした。おいおいおいおい、おい、今更なに言ってんだ、イカレてんのかい? 妹を戯れに誘惑して、その婚約者をぬっ殺しておいて、姉と不倫できるとでも? 一度こっぴどく振った姉と。あ、しまった。だいぶネタバレしてしまった。

こんなしょうもない話ですが演出次第では深刻な名作に感じられるっぽいので、頑張って他をあたってみたいと思います。


7年前に買っておいたこれもそのうち観たいと思います。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

気合を入れて字幕を見てるとあまりのつまらなさに嫌気が差してくる。 [クラシック~春~]

エフゲニー・オネーギン(エフゲーニ・オネーギンの表記も)がどうしてもわからない。

NHK音楽祭2017を録画したのを今日観たけど、いや見始めたけど、20分くらいで諦めた。

食事の際、オリンピック以外のものを観たいときに便利だから、続きは観るつもりだけど、筋を追ったり感動を十全に味わったりするのは断念した。

小澤征爾のBDの奴もずいぶん前に買ったけど挫折してた。156分。いつかちゃんと観たいと思う。

チャイコフスキーは好きだから、頑張りたい。

難解なわけではないと思うので、今回の録画を細切れででもいいから最後まで観ることによって、なんとなくでも全体像をつかむことで、BDのほうも最後まで観られるんじゃないかと思う。

こんな退屈なのがあと2時間もあんのかよ~、って思いながら観るより一度気楽に予習できてたほうがいいはず。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「いつかそのうち気合を入れて」 [クラシック~春~]

メシアン:鳥のカタログ(全曲)

メシアン:鳥のカタログ(全曲)

  • アーティスト: 児玉桃,メシアン
  • 出版社/メーカー: オクタヴィアレコード
  • 発売日: 2010/01/20
  • メディア: SACD
ずいぶん前に欲しい物リストに入れたままになっていた、なっているもの。
いつの間にか20%OFFになっている。
まだポンと買う気にはなれない。
残り1点。まあ、そのうち......
こないだ急いで買った山形のモーツァルト交響曲全集まったく聴いてない。
いつかそのうち気合を入れて聴こうとか思っていて、そのうちガルパンにはまったり、なんとなく先延ばしまくってた。
これも同じことになるので、とりあえず確保とか急がない。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2017-10-14 [クラシック~春~]



お、安くなった。

全集と同じジャケだけどレ・プティ・リアンのほう。

まだ全集もろくに聴いてないので、後回しにしてたんだけど、いまポチった。

そういやミクさんのスピーカーほったらかしだ。

「これからはヘッドホンだけでなく、スピーカーでもクラシックを聴こう。生活が変わる」

なんて言ってたのに、プライムのアニメ観るのに忙しくて、PC作業中にMDR-EX750のエージングがてら洋楽をちょっと聴くだけになってた。

生活を変えたのはスピーカーじゃなくてAmazonタブレット(HD8)だった。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

蛇足を読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

気の抜けた話 [クラシック~春~]

IMG_0033.JPG

13枚全部にスリーブつけました。

ナガオカ CDスリーブ TS-561/3

ナガオカ CDスリーブ TS-561/3

  • 出版社/メーカー: ナガオカ
  • メディア: エレクトロニクス
ビックカメラかヨドバシで実質225円です。
自分は今回はビックカメラで買いました。
そのせいで今は「お取り寄せ」になっちまってます。
んなことよりモーツァルト全集です。
モーツァルト:交響曲全集

モーツァルト:交響曲全集

  • アーティスト: モーツァルト,飯森範親,山形交響楽団
  • 出版社/メーカー: オクタヴィアレコード
  • 発売日: 2017/04/19
  • メディア: SACD
ポイントがつくのでヨドバシで買いました。
13枚組みのBOXで、
1枚1枚が紙ジャケみたいなのに入ってます。
ディスクがそのままだぜ。
盤面が、紙と紙の接着面に向いてる。
このパターン。酷いのになるとはみ出した糊が盤面に付着してたり、
紙の厚さが違ってるところに沿ってまっすぐ筋が出来てたりする。
SACDは盤面が強い印象がありますし、実際なんら気になる点はありませんでしたが、
これがCDなら、聴く前に擦り傷をこさえてることでしょう。
オクタヴィアとあろうものがこんな入れ方をするとは。
とりあえず盤面をひっくり返しておきましたが、
それでも怖いのでスリーブ買いました。
そしたらまあ大丈夫かと思って、盤面はまたひっくり返し直しました。
うん、まあ、一行目の、
「13枚全部にスリーブつけました。」
で終わっていい話。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ゲットした感はある [クラシック~春~]

IMG_0014.JPG

失ったものもある。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

以前から気にはしていたけど、新聞でちょろっと見出し読んで再燃 [クラシック~春~]


モーツァルト:交響曲全集

モーツァルト:交響曲全集

  • アーティスト: モーツァルト,飯森範親,山形交響楽団
  • 出版社/メーカー: オクタヴィアレコード
  • 発売日: 2017/04/19
  • メディア: SACD

狂おしい思い、その2。

ヨドバシで買うかも。ポイントあるし。

もっと安い全集はいくらもあるけど、SACDだし、これだってそんなに高いとは思わない。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

単純に音が綺麗 [クラシック~春~]


Schuncke: Piano Music

Schuncke: Piano Music

  • アーティスト:Tatiana Larionova
  • 出版社/メーカー: Brilliant Classics
  • 発売日: 2015/08/28
  • メディア: CD


最近はとんと聴いておりませんでした。

SACDでもないし、Schunckeなんて知らないし、なんで買ったんだろう?

という感じでした。

かなりどうでもいいアルバムで、私個人の印象だけでなく、世界的にもそうなのか、

PCに取り込もうとしても楽曲情報が出てこないので、

未登録CDとしていつまでもそこらへんに転がってる邪魔者です。

内容が○ソつまらないので気合を入れて聴こうという気には到底ならないし、

BGMにしたって他に聴くものがあるだろうという感じ。

ゴミです。

いま聴いています。

素晴らしい。

例のノイズサプレッサーでここまで違うとは。

確かに地味な曲、地味な演奏ですが、それは変わりないのに一音一音いとおしむように奏でられ、

陶然と身を委ねることが出来ます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

あるあるじゃないですか [クラシック~春~]


チャイコフスキー:交響曲第5番

チャイコフスキー:交響曲第5番

  • アーティスト: 小林研一郎,チャイコフスキー,アーネム・フィルハーモニー管弦楽団
  • 出版社/メーカー: オクタヴィアレコード
  • 発売日: 2005/09/22
  • メディア: SACD
ずっと開けてなかったので、オクタヴィアとかエクストンレーベルとかのたまに出てたプレミアムBOX的なものでダブってたのかなと思ったんですが、めんどいけど3BOX全部調べたら、
10周年記念BOXに、
チャイコフスキー:交響曲第5番

チャイコフスキー:交響曲第5番

  • アーティスト: 小林研一郎,チャイコフスキー,アーネム・フィルハーモニー管弦楽団,日本フィルハーモニー交響楽団
  • 出版社/メーカー: オクタヴィアレコード
  • 発売日: 2007/08/22
  • メディア: SACD
が入っていました。
「チャイ5? ああ畜生、ダブったわ~」と勘違いして今に到ったんだろうと思います。
で、開けて聴いたら、あんまり良くないんですね。生気が感じられない。
「これはBOX選外だわなあ。ジャケは炎のコバケンっぽいのにどうしたことか?」
そこで気付きました。
マルチチャンネル層で再生していたよ~。
5チャンネルをステレオにミックスダウンした音か、下手したら2チャンネルぶんしか聴いてなかったかも~?
HDMIでしかるべきアンプに繋げば正常に再生できるんだろうけど、アナログ2チャンネルで聴いてるんでステレオ層を再生しなきゃでした。
これはまったく違います。
ラブライブ劇場版BDを観るとき、音をサラウンドヘッドホンで聴くときは5.1チャンネルとかのHDオーディオでいいんだけど、普通のヘッドホンとかスピーカーで聴くときはリニアPCMのステレオ音声で聴かなきゃなのに、こないだうっかり5.1のままで2チャンネルミックスダウンのなんとなく劣化した音を聴いてたことに終わってから気付いて、うがあああ~~と頭を抱えたのを思い出しました。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Vol.2は? [クラシック~春~]


パガニーニ:ヴァイオリンとギターの音楽第1集(SACD/CDハイブリッド盤)

パガニーニ:ヴァイオリンとギターの音楽第1集(SACD/CDハイブリッド盤)

  • アーティスト:ジエルジ・テレべジ&ソーニャ・プルンバウアー
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2012/09/26
  • メディア: SACD



Amazonからメールでお薦められるまま買ってしまいました。例え親友のAmazonからでも、用のないメールは普段あんま開かないのですが、なぜか気になって、まんまと術中にはまりました。

そして素晴らしいです。

怖いです。

芋づる式に関連商品あれもこれもになるのが。

こういうので地味にHP削られていきます。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

釈尊降誕会なのに [クラシック~春~]


バッハ:マタイ受難曲(全曲)

バッハ:マタイ受難曲(全曲)

  • アーティスト: レオンハルト(グスタフ),バッハ,クイケン(シギスヴァルト),ラ・プティット・バンド
  • 出版社/メーカー: BMG JAPAN
  • 発売日: 2008/11/26
  • メディア: SACD
 
 
 
 
読みどおり値上がりしたので安いうちに買っておいてよかった。
ボーイソプラノなんてどうでもよかったんだけど、これは認めざるを得ない。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

やばい、こっちのほうがよかったらどうしよう [クラシック~春~]


Bach: Matthaus - Passion

Bach: Matthaus - Passion

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Challenge
  • 発売日: 2010/04/13
  • メディア: SACD
 
 
 
 
 
 
忘れてたけど、よく見たらこれもマタイだったので、こっちを先に聴き始めた。
 
さすがSACD。
最近、音にちょっと無頓着になっていたんだけど、いい音というのはどういうものか久し振りに思いだした。 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2017-04-02 [クラシック~春~]


バッハ:マタイ受難曲(全曲)

バッハ:マタイ受難曲(全曲)

  • アーティスト: レオンハルト(グスタフ),バッハ,クイケン(シギスヴァルト),ラ・プティット・バンド
  • 出版社/メーカー: BMG JAPAN
  • 発売日: 2008/11/26
  • メディア: SACD
 
 
 
 
3枚組定価8,100円が5,476円になってるのに気付いてから3日。
どうせ買ってもあんまり聴かなかったり、最悪ほったらかしになったりするんだからと我慢したけど、残り3点。
もうだめだ。ダメですね。駄目。
買うしかない。
買った。
「(入荷予定あり)」だけど、値段を変えないとは言ってない。
他の出品者と値下げ競争してるわけでもなく一人Amazonのみ突出して安い状態。
いつ8019円(1%OFF)とか、気が遠くなるような改定がおこなわれないとも限らない。 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

凄いテンポだ [クラシック~春~]


チャイコフスキー : 交響曲 第4番 | 第5番 | 第6番 「悲愴」 (Tchaikovsky : Symphonies Nos 4, 5 & 6 / Valery Gergiev , Mariinsky Orchestra) [Blu-ray] [輸入盤] [日本語解説付]

チャイコフスキー : 交響曲 第4番 | 第5番 | 第6番 「悲愴」 (Tchaikovsky : Symphonies Nos 4, 5 & 6 / Valery Gergiev , Mariinsky Orchestra) [Blu-ray] [輸入盤] [日本語解説付]

  • 出版社/メーカー: MARIINSKY RECORDINGS / KING INTERNATIONAL
  • メディア: Blu-ray
 
 
 
 
 
プライムビデオで観た5番はこれだろうか。
2017年2月13日現在の商品説明……
リージョンコード: リージョンフリー(全世界共通)
 素晴らしい、というほどのこともないが観られないのでは話にならないのでフリーなのはよい。
ディスク枚数: 1
 まあBDだからおかしくはない。2時間半くらいだろうから。
時間: 62 分
  違ったようだ。プライムの4・5・6合わせると151分なのでその差は明らかだ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

そんなに好きじゃないし…… [クラシック~春~]


ベートーヴェン:交響曲全集/ロドリーゴ:アランフェス協奏曲 ベルリオーズ:幻想交響曲/リヒャルト・シュトラウス:アルプス交響曲 [Blu-ray] [Import]

ベートーヴェン:交響曲全集/ロドリーゴ:アランフェス協奏曲 ベルリオーズ:幻想交響曲/リヒャルト・シュトラウス:アルプス交響曲 [Blu-ray] [Import]

  • 出版社/メーカー: ナクソス・ジャパン(株)
  • メディア: Blu-ray
 
 
 
 
なんか、ちらっとおすすめられたけど入荷時期未定。
ブルーレイオーディオとかいうやつではあるまいな?
それでも3700円は安いけど。
映像付ならダメもとで発注だけしておきたい。
ラファエル・フリューベック・デ・ブルゴス指揮、デンマーク放送交響楽団。
でも、ベートーヴェン全集はたしか4つ目なので、あんまりワクワク感がないなあ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

休憩ナシでよくない? [クラシック~春~]

IMG_0016.JPG
昨日のウィーンフィルはやたら休憩が長かった感じ。
2部構成で、最初に30分ほど演奏したと思ったら、
30分休憩入った。
これで後半も30分だったら、暴動が起きるな。
実際は1時間半近かったから和らいだけど、
そんなら1時間:1時間にしろよと言いたくなる。
今度は後半長すぎて、
いいかげんさっさとドナウを聴かせろや、
と思った。 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Amazonの攻撃が的確になってきている [クラシック~春~]


ベートーヴェン:交響曲全集(完全生産限定盤)

ベートーヴェン:交響曲全集(完全生産限定盤)

  • アーティスト:ジョージ・セル
  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2016/06/22
  • メディア: SACD
 
 
 
 
 
マリみてのBD-BOXとなんかよくわかんないヘッドホン用のノイズキャンセラー以外もう欲しいものはない。
そう決めたのにオススメにこんなもんぶっこんできやがった。
Amazonを開いてはいけなかった。自らの不動心を試そうとしたのが間違いだった。
 
 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

気になる [クラシック~春~]


スヴェトラーノフ没後10年記念-チャイコフスキー:交響曲全集

スヴェトラーノフ没後10年記念-チャイコフスキー:交響曲全集

  • アーティスト: チャイコフスキー,スヴェトラーノフ(エフゲニ),ソビエト国立交響楽団
  • 出版社/メーカー: オクタヴィアレコード
  • 発売日: 2012/06/20
  • メディア: CD
 
 
 
 
 
 
1番と2番を注意深く聴いたんだけど、演奏会なのでときどき咳が入るのはまあしょうがない。
1番だけなんか空調かなんかのブオォォンとかゴオォォっていう音がずーっと聞こえる。
ついにプレーヤーがイカれたのかと思った。
もう一度確かめてみようと思うけど、思ったけど、ゼーガペインのBDを入れてしまったので今夜は不可能になった。
BD再生で変な音はしてない。 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2016-08-07 [クラシック~春~]

食事のときはなんとなく静かな旅番組とか真面目なネイチャーものとかをつけていますが、今日はオリンピックやら高校野球やらで観るものがなかったので、昼も夜も、昔録画したピアノぴあという番組を観ました。いろんなピアニストが登場して、当然皆さんお上手なんですが、腕の美しさは仲道郁代さんがダントツで見入ってしまいました。というか他に見るべき腕の持ち主はいなくて、仲道さん一人にすっかり魅了されました。筋肉フェチになりそうです。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

4000円切ってる(6/25) [クラシック~春~]


スヴェトラーノフ没後10年記念-チャイコフスキー:交響曲全集

スヴェトラーノフ没後10年記念-チャイコフスキー:交響曲全集

  • アーティスト: チャイコフスキー,スヴェトラーノフ(エフゲニ),ソビエト国立交響楽団
  • 出版社/メーカー: オクタヴィアレコード
  • 発売日: 2012/06/20
  • メディア: CD
 
 
 
 
 
 
これがSACDだったら迷うことはないのだが……
と書き始めたところでポチッた。
アシュケナージ&N饗の全集ならSACDで持ってるが、
最近とんと聴いていないし、5番だけ(で10枚は持ってる)とか悲愴だけとかもしばらく聴いてない。
まずはそれらの掘り起こしが先ではないかと思ったのだけども、
何が心を決めさせたのかわからないが、たぶん考えるのをやめた。 
 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今の司会者が嫌いなわけではない。ただ少し残念なだけだ。 [クラシック~春~]

題名のない音楽会は今後もしばらくは見るつもりだけど、熱心にではない。なくなった。

3月12日の放送で東北のことをなんにも言わないし、最近も司会者の口から「熊本」という単語を聞いたことがない。

今日はくだらねーアニメの音楽会をやってた。アニメとかゲームが好きだな。べつにいいけど。

冨田さんの冥福を祈って、初音ミクの音楽会をやったら赦す。諦める。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

やさしい調べ。ピアノの音色が楽しめます。 [クラシック~春~]


Schuncke: Piano Music

Schuncke: Piano Music

  • アーティスト:Tatiana Larionova
  • 出版社/メーカー: Brilliant Classics
  • 発売日: 2015/08/28
  • メディア: CD
 
 
 
 
 
 
ジャケットの通り、静かな音楽でした。それほど超絶技巧っぽい派手な部分もなく、落ち着いた印象で、高音がそこそこ煌びやかで軽やかな感じなのが耳に心地よいです。
途中から読書に夢中になって、ほとんど聴いていませんでしたが、邪魔になるようなことはなく心地よさが持続したので、主張しすぎないタイプの曲あるいは演奏なのでしょう。 
こういう曲が200年近くも弾き継がれてきたのか最近発掘されたのか、とにかく現在まで保存されているというのは考えてみたら凄いことだと思いました。 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

まとめる約束を違(たが)えたので [クラシック~春~]

Schuncke: Piano Music

Schuncke: Piano Music

  • アーティスト:Tatiana Larionova
  • 出版社/メーカー: Brilliant Classics
  • 発売日: 2015/07/17
  • メディア: CD
 
すげー気になるけどキャンセルしました。またの機会で。
それというのも例のかわいいバイオたんが安いうちにと思って、10個注文したのだけど、
カードの支払いを翌々月に回したかったので、16日以降の発送にするため、
30分かけて、あーでもないこーでもないやってこの7月17日発売のCDと組み合わせたのに、
あっさり裏切って、バイオたんだけ今日発送しましたとかメールきやがったので、
CDは怒りのキャンセルです。
ルートヴィヒ・シュンケ、
24歳で夭折した知られざる天才作曲家……みたいな感じで、
ちょっといいかなあと思ってたので残念です。 

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

髪真っ白じゃん [クラシック~春~]

ベルリン・フィルの新首席指揮者にロシア出身の43歳という今朝のニュースで、

サイモン・ラトルが60歳ということに驚いた。

40代か、せいぜい50過ぎの精力的な指揮者だと思っていた。

既に2002年からベルリン・フィルの首席指揮者を務めていたということも知らなかった。

最近ノリにのってる若大将みたいなイメージすらあった。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

聴くべき時 [クラシック~春~]


Monteverdi: Vespro della Beata Vergine 1610

Monteverdi: Vespro della Beata Vergine 1610

  • アーティスト: Claudio Monteverdi,Andrew Parrott,Taverner Players,Taverner Consort,Taverner Choir
  • 出版社/メーカー: EMI Classics
  • 発売日: 1999/10/28
  • メディア: CD
 
 
 
 
 
昨日は心乱れていて、救いを求めて聴いても、虚しく通り過ぎていくだけの音と声でしたが、
今日はその乱れが透明な悲しみに結晶し、もう死にたいと思っていたので、
うまく心に響いてくれました。
父の背中を蹴ってすぐは駄目です。
少なくとも12時間は間を置くこと。
問答無用の凄みというのはありません。
うまくハマらないとただの古い教会音楽になってしまいます。 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の30件 | - クラシック~春~ ブログトップ