So-net無料ブログ作成
俗・洋楽 ブログトップ
前の30件 | -

2018-01-16 [俗・洋楽]




ゆうべロシアのカチューシャを聴きまくったんだけど、↑が一番よかった。オジサマがいい声で涙を誘われた。

ほかは情感のないダンスミュージックっぽくなってる腐れカチューシャが多かった。


ガルパンサントラはディスク2から聴いて、一通り再生したら10曲目の歌ありカチューシャだけエンドレスイリュージョンした。10回くらいは聴いた。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

凄い短くてよくわかんないけどまあ悪くなかったです。 [俗・洋楽]


モニュメンツ・トゥ・アン・エレジー

モニュメンツ・トゥ・アン・エレジー

  • アーティスト:Smashing Pumpkins
  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2015/02/25
  • メディア: CD

オセアニアでやめてたけど、聴き直したらそんなに悪くなかったので次のも一応買った。

オセアニアはオセアニアツアーかなんかのBDがショックすぎたので精神的に封印していた。

誰だ、この太っちょは? っていう......

いま関係ないけど行田市の巨大な わらアート2017のヤマタノオロチがでかくて、NHKのインタビューで子供が「凄い大きくて大迫力で凄かったです」と言っているのがツボにはまった。

誰だ、この太っちょは? っていう......

そのBDは確か3D対応でもあるんだよな。うん、観たくない。

このモニュメンツなんとか、帯の文句が「ビリー・コーガンは進化する為“スマパン”を鳴らし続ける―ー」

なんか哀れっぽいからやめて。そゆ書き方しないで。

もうぜんぜん期待しないで結城友奈の最終回の放送日時を調べながら再生していたら案外良かった。いまひとつパンチに欠けるところだけど、まあ邪魔にならないし、駄作だったら聴くだけ無駄って気がして二度と聴きたくなくなるものだけど、そんなことはなくて、30分ちょっとなのでつい2回3回と繰り返してしまう。

最終回は「2018年1月5日(金)26:05〜」でした。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

久しぶりに聴いて [俗・洋楽]


モーニング・グローリー デラックス・エディション(完全生産限定盤)

モーニング・グローリー デラックス・エディション(完全生産限定盤)

  • アーティスト:Oasis
  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2014/09/24
  • メディア: CD

今更ですがちょっと欲しくなりました。

自分はオアシスよりもブラー、ブラーよりもスウェード、そのうちクーラ・シェイカー...みたいな感じだったのでそんなに好きじゃなかったというか、あんまり好きになりたくなかったんですが、ハイレゾ級アップサンプリングを真空管ヘッドホンアンプ&MDR-EX1000で聴いてしまうと抗し難いですね。

マンドゥ・ディアオはオアシスを超えたと勝手に思っていたのですが、その信念が一瞬揺らぎました。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

いいかげんなはなし [俗・洋楽]


Slipway Fires

Slipway Fires

  • アーティスト:RAZORLIGHT
  • 出版社/メーカー: Island / Mercury
  • 発売日: 2009/03/10
  • メディア: CD

NAS(アイオーのLANDISK)~NANO-NP1→DAC-1000→VALVE X SE(真空管ヘッドホンアンプ)→MDR-EX1000で聴いた。5~6年ぶりくらい。かも。何故1stしか話題にならなかったのか不思議だ。2ndは全英1位だったけど。この3rdも素晴らしい作品でもっと着実に人気が出てもおかしくなかったのに。もっと凄いアルバムを生み出し続けて欲しかったのに残念なことになっていた。




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ポーズを真似たりした。 [俗・洋楽]

今日はスマパン。最初、縞パンと打ち間違えた。我ながらしょうもない。

何日か前、なんとなく再結成1枚目のアルバムを聴いたけど、やはり解散前のアルバムのほうがずっといいな。

ZWANはかなり好きなんだけど。

そういえばビリーのソロもあった。スキンヘッドのジャケットが印象的。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

1万円以下でもとりあえずそこそこ満足できるようになってきました 2 [俗・洋楽]

IMG_0006.JPG

安物揃いですが、

IMG_0007.JPG
なかなかどうして趣があります。
最近ビックカメラなどのリアル店舗に赴かなくなってしまったので、
こちらのパッケージは初めて見るもののように思います。
全てNANO-NP1に使います。
まず電源ケーブルと光から替えました。
次に同軸、LANと替える度に音をチェックしました。
光ケーブルは今日は聴いていません。
PHA-3と接続しているのですが、
そっち系統のチェックはもういいやと思って。

DAC-1000との同軸接続のチェックにこの夜を費やしました。

電源ケーブル替えて以降は劇的な風にはわかりませんでした。

電源でレベル3アップ、

同軸とLANで1ずつアップ。

エージングとかもあるのでおいおいわかってくるのだといいけど、

いまのままでもかなり満足。

NANO-NP1からは光出力の上限96kHzで出力を固定。

その光をPHA-3に繋いで、バランス接続のヘッドホンを楽しみ、

同軸からは192kHzで出力可能ですが、DAC-1000側で2倍にします。

まあまあ狙い通りの使い方ができていると思います。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「THE MUSIC」で検索すると全然出てこない [俗・洋楽]

何故か無性にTHE MUSICのDVDが何故か観たくなって、なんか今なんか観てる。馬鹿みたい、こんな昔の。懐かしいとかじゃない。ただこのグルーヴ感。2003年の俺の細胞に流れ込んで、そのまま居座っていたものらしい。そんなに好きなバンドじゃないのにほとんど忘れてない。
ライブ・アット・ザ・ブラック・キャンバス [DVD]

ライブ・アット・ザ・ブラック・キャンバス [DVD]

  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • メディア: DVD
収録が4:3で上下黒帯で16:9かなんかにしてあるからワイドモニタだと上下左右に黒枠が出来てしまう。
28インチ中21インチくらいしか使えてない。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

渾然一体 [俗・洋楽]

7thのBDオーディオ聴いてます。そもそもどっちがどっちだかわかってませんでした。マンドゥ・ディアオのビヨルンとグスタフの話。それぞれに特色はあるんですけど、マンドゥ・ディアオにしか聴こえないので、いやマンドゥ・ディアオなんだから当たり前なんだけど、マンドゥ・ディアオという一つの歌声に融け合ってしまいます。



「音声で表現することがで」って?


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2017-10-11 [俗・洋楽]

グスタフは、ビヨルンがマンドゥなら、グスタフはディアオだというくらい、マンドゥ・ディアオにとって重要なメンバーだったんですが、ZABADAKから上野洋子が抜けたくらいの痛手で済んだみたいです。

今日も8thを聴いています。7thよりずっと良いです。7thはよくわかりません。ブルーレイオーディオまで買ったんで、好きは好きですけど。変態的ですね。スウェードのヘッドミュージックとかマニックスの6thとかカオスモスの運動を感じさせるアルバムは好きですけど必ずしもよくわかりません。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

いらんかったんやとは言わないけど、ビヨルン健在なら問題なし [俗・洋楽]



Limited Editionもありますが、そちらは紙のスリーブがついているだけなので、こちらのほうが断然お得です。

自分はLimited Editionに3453円払ってしまいました。

でもそんなことはどうでもよいくらい傑作です。

ツインボーカルの一人が抜けちったらしいがまったく違和感ないです。なんらパワーダウンしてないです。

まあジャケットはずっと変だし、日本盤でねーし、メンバーの脱退も致命的に思えて、もう落ち目なのかなと期待してなくて、3453円って高いし、届かなくてもいいやという感じでポチッたら案外早く届いてしまいました。そして購われました。グスタフには悪いが、抜けたのがグスタフのほうでよかった。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ヴォリュームを大きめにしただけだったりして [俗・洋楽]

PJハーヴェイはゆうべ見たら俺がショッピングカートに入れといたの全部買われてた。

59円の「非常に良い」2ndも1200円のコレクター商品の1stもなくなって、いきなり3080円とか3800円とか言われた。

まあ59円には期待してなかったからいいんだけど、ちょっとどう「非常に良い」のか確認したかったな。

PJハーヴェイはしばらくおいといて。

ヴェルヴェット・ティーンの4th。これが急に良くなってしまった。

なんかピンとこなくて「歌心がない」とまで言い切ったというのに。

「ない感じ」としたから言い切ってはないけど、知り合いにファンがいるから配慮して逃げを打っただけで心の中ではほぼ確定。断言。残念だけどノレないアルバム。そう諦めていた。

一応ほかのいろんなヘッドホンでも聴いて、手を尽くしてから放置しようと思っていたけど、MDR-EX750のまんまでなぜか良くなってしまった。

放置前提の諦めムードで希望のない義務的なチェック作業を開始するに当たって、もう一度だけ、いわば基準点としてEX750での音を確認しておこうと聴き始めたら、なんか知らないけどスゲーよかった。

どういうことなの?

いや1,2曲目は最初から良かったんだけど、その後盛り上がりに欠ける感じで8曲目なんか10分オーバーの大曲なので期待してたらすかされた感じで高揚感もなく、ちょっと激し目の曲は逆に短くていまいちノリ切れないまま終わってしまう。それが昨日から何がどう変わったのか、嬉しい事に1,2曲目の「お、おお」みたいなキラキラ感が3曲目以降もずっと維持されるようになった。各曲の表情が見えてきた。


このジャケットに色がついたとか細部が見えてきたとかそんな感じ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「非常に良い」とは [俗・洋楽]


PJハーヴェイは4thのIs This Desireしか持っていなくて、それは物凄く気に入っていたんだけど、何故か他のアルバムを買おうという気にならなかった。

今回ヴェルヴェット・ティーンの4thのついでにポチッた。

1stと2ndと5thもポチろうとしたけど、Amazon発送でないものは届くのが連休中になりそうだったんでやめた。2ndは59円+350円。中古。「非常に良い」と言うんだけど……

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

期待値を上げすぎた [俗・洋楽]

ヴェルヴェット・ティーンの4thは今日も聴いたけど、1曲目の冒頭は、おお、と嬉しく、わくわくするんだけど、その後あんま盛り上がらず、BGM的に聴いていると、ほんとにBGM的にただ鳴っているだけになってしまう。2ndには、BGM的に聴いていてもそれを許さないような、どうしても引き込まれてしまう凄みがあったのに。個人的には4枚の中で最も劣るアルバムになってしまうかもしれない。いまはジョニー・ボーレルのソロを聴いてて、わかったような気がするのが、ヴェルヴェット・ティーンはサウンド的にはさすがなんだけど、歌心がない感じ。サウンド的にはナニコレ? なジョニーのほうが歌心に溢れていて、聴いていて嬉しくなってしまう。ジョニーは買って良かった。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

7~8年放置してたので2~3枚買わなきゃかなと思ったら1枚もなかったので安心していたのに [俗・洋楽]


安かったので買ってしまった。

レイザーライトのボーカル&ギターのソロアルバム。

なんか2009年の3rd以降メンバーが脱退しまくって一人だけになったっぽい。

そんなものまで追っかけなくてもよかったのに、安かったので買ってしまった。

まだ聴いてない。さっきポチッたので。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

もっかい聴いてる [俗・洋楽]

今日はやたら救急車やら消防がうるさいと思ったら自分とこのマンションだった。別棟だけど。

THE VELVET TEENは1stを聴いた。

日本盤ボーナストラックの15曲目が一番好き。

早く2ndを聴きたくなってしまったせいか途中でだれた。

2ndを聴きたいけど1stも凄くいいはずなので、だれた印象のままにしたくない。

もっかい聴いてる。

ボーカルが耳に合わないとつらいことになる。

変に思わせぶりで、そのくせ単調でのろくさく、鬱陶しい。

そんなことにでもなったら機会を改めたほうがいい。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2017-09-29 [俗・洋楽]

何故か急にVELVET TEENのことを思い出して無性に聴きたくなったんだけど、ちょっとどこにあんのかわかんない。NASにも入れてないっぽい。入れてない。たぶんあの裏かこの裏か。明日発掘してNASに録り込んでまた封印する。7~8年放置してたのに、その間1枚しかアルバム出してなかった。嬉しいのか悲しいのか。


残り1枚とりあえず確保。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

そらみみ? [俗・洋楽]


アイドルワイルド。

2015年発表のEVERYTHING EVER WRITTEN。5thか6thくらい。6かな。

最高傑作は3rdで一番すきなのは1stだけど、これもなかなか。

2年前は印象に残らなかったけど、今じっくり聴くと味わい深い。

7曲目に猫の鳴き声が入っていて怖い。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

商品検索が混み合っている可能性があります。しばらく待ってからお試しください。 [俗・洋楽]

こんなもんどうでもいい。生産者には悪いが。
IDLEWILDを久し振りに聞いた話をしたかったのにAmazon検索が役に立たない。何十回連打しても検索結果ひとつ寄越さない。そんなにアフィりたいわけじゃなくて、単にイラッときた。
テキトーにリンク貼って、思いのたけ書いてさっさと更新して、今夜も早くプライムビデオ観ようと思ってたのに、しょっぱなで躓いた。
Amazon検索なのに楽天しか出てこない。
でもよく見るとちょっとかっけーな。
「カリフォルニアでは珍しいピエモンテ品種だけで造られるガレージワイン」か。

生涯飲むことはあるまい。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ふ~ん、どころではなかった。 [俗・洋楽]


カレイドスコープ(EP)

カレイドスコープ(EP)

  • アーティスト:COLDPLAY
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2017/08/04
  • メディア: CD

カレイドスコープって、なんら具体例を念頭において言うわけじゃないけど、なんか冴えない日本の声優事務所みたいで、曲やアルバムのタイトルとしては陳腐な印象で、あんまりワクワク感がない。

ふ~んって感じ。

EPか、そんな中途半端なものを買わせるんだ。

そんなふうだったから、受け取ったその日に聴こうとは思われなかった。我ながら意外だった。

最近、手持ち資産の中からMDR-EX1000を「発掘」して、これで音楽を聴くのが楽しみになっていたのだった。

聴いた。

4曲目をコラボしてるチェインスモーカーズの1stもポチッた。

ヨドバシでポチッた。

モーツァルト:交響曲全集

モーツァルト:交響曲全集

  • アーティスト: モーツァルト,飯森範親,山形交響楽団
  • 出版社/メーカー: オクタヴィアレコード
  • 発売日: 2017/04/19
  • メディア: SACD
ついでにポチッた。ポイント全部使ったけど、それでも1.5万円ポチッた。
なんてことをさせるんだ。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

未発表曲でも手を抜かない(笑) [俗・洋楽]


OK COMPUTER OKNOTOK 1997 2017 [帯解説・歌詞対訳 / 紙ジャケ仕様/ 高音質UHQCD / 2CD / 国内盤] (Amazon.co.jp限定ステッカー付)(XLCDJP868)

OK COMPUTER OKNOTOK 1997 2017 [帯解説・歌詞対訳 / 紙ジャケ仕様/ 高音質UHQCD / 2CD / 国内盤] (Amazon.co.jp限定ステッカー付)(XLCDJP868)

  • アーティスト:RADIOHEAD
  • 出版社/メーカー: Beat Records / XL Recordings
  • 発売日: 2017/06/23
  • メディア: CD


ディスク1のほうが素晴らしいのはわかっていますが一回聴いたきりで2を繰り返し聴いています。

これ、もったいないですね。

レディオヘッドの新譜として発表されたら、「ん?」となりますが、どっかの新人がぶっこんできたら、フォロワー呼ばわりしつつも内心非常な戦慄を覚え、葛藤を経て受容し、歴史的名盤と認めざるを得なくなる気がします。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

危なかった [俗・洋楽]

リバティーンズ再臨

リバティーンズ再臨

  • アーティスト: ジョン・ハッサール,ピーター・ドハーティ,ゲイリー・パウエル,アイリーン・ヒギンボトム,ダン・フィッシャー
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2017/07/12
  • メディア: CD
Amazonにメールでお薦められて、正直ウンザリしながらもどうせ買うことになるんだろうな、と思いつつ、
再臨って前にもなかったっけ? と引っかかるものがあったので調べたら2年前に買ってました。
こちらは廉価盤です。内容はどんなのか忘れました。
今はコーネリアスの新譜とかいうのを聴いてます。なんか一時期のオザワっぽくなったような……

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

早くディスク2が聴きたいけど1から耳が離せない [俗・洋楽]

OK COMPUTER OKNOTOK 1997 2017 [帯解説・歌詞対訳 / 紙ジャケ仕様/ 高音質UHQCD / 2CD / 国内盤] (限定ステッカー付)(XLCDJP868)

OK COMPUTER OKNOTOK 1997 2017 [帯解説・歌詞対訳 / 紙ジャケ仕様/ 高音質UHQCD / 2CD / 国内盤] (限定ステッカー付)(XLCDJP868)

  • アーティスト:RADIOHEAD
  • 出版社/メーカー: Beat Records / XL Recordings
  • 発売日: 2017/06/23
  • メディア: CD
やっと聴けました。
紙ジャケでもプラ付きでプラケースと同じように収納できるやつがあるけど、あれは好き。
これはそうではなかったけど、ちゃんと保護袋がついていたのでまあ良し。
袋もなく紙ジャケの内部を擦りながら取り出さなきゃならないやつは最悪。
しかも盤面を平らなほうじゃなくて糊付けで厚紙一枚分段差のあるほうにしてて、なんか跡がついてるなんてのは、SHM-CDとか高音質リマスタリングとか言われてもそれで台無し。
今回はUltimate Hi Quality CDだそうで、リマスターもされてます。
よくわからんし、オリジナル盤を今の再生システムであんま聴いてなかったので、不正確な印象に過ぎないけど、音質はよさそうです。良いです。オリジナル盤との比較はめんどくさいのでやんないかも。
すくなくとも、
スマホ→ヘッドホンコンディショナー→PHA-1→MDR-EX600でオリジナル盤からの無損失WAV音源を聴いた感じよりずっといいです。再生機器違うから当たり前かもしれないけど。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

D.B.とB.D.がごっちゃになる。ろくすっぽ聴いてないから。無教養。 [俗・洋楽]

ヒーローズ~トリビュート・トゥ・デヴィッド・ボウイ

ヒーローズ~トリビュート・トゥ・デヴィッド・ボウイ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: WOWOWエンタテインメント
  • 発売日: 2017/05/31
  • メディア: CD
ジャケがレッチリに似ていると思って調べたけど、
BY THE WAY

BY THE WAY

  • アーティスト:レッド・ホット・チリ・ペッパーズ
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2002/07/10
  • メディア: CD
そうでもなかった。
中身はまあまあよかった。べつにどうということもないがなかなかよかった。
ボウイとクリムゾンに思いいれのある人にとっては感涙モノなのだろう。
その感涙ムードを共有したかったが、知ったかぶりというかニワカというか、その類にしかならない気がしている。
大御所ということでさすがに名前だけは知ってるけど、タイトルが多過ぎて手をこまねいているうちに、
名前だけは~がごっちゃになって、
「ノーベル文学賞は誰だったっけ?」
「死んだのどっちだったっけ?」
という洋楽好きにあるまじき蒙昧の徒と化してしまっていたので。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ややトーンダウン [俗・洋楽]

ディファレント・デイズですが、5曲目までは鳥肌モノでした。

13もすごくいい。7以降は高水準だけど1・3・5ほどのインパクトはなし(2・4・6は語り)。

よく粘って傑作の13に繋げる。

アルバムを称えるときに「全曲シングルカットできる」とかよく言うけど、そういうことはない。

11のLET’S GO TOGETHERなんてシングルカットしたら失笑モノだし。

だってレッツゴートゥギャザーですよ。

そういう曲がおさまるべきところにおさまっている。

今世紀最高は陳腐な戯言だったかもだけれどもよいアルバムには違いない。

ボーナストラックは変なリミックスで要らなかった。

1分くらい間隔を開けて欲しかった。

10秒くらいあるから充分停止対応可能だけど、なにも操作せずに余韻に浸りたい。

NASに入れるとき、1~13だけにするから問題ないと言いたいところだけど、

うちの環境だとDACの仕様でUSB入力は2倍の88.2kHzまでしかアップサンプリングできなくて、

CD回してぶっこむ同軸入力が4倍の176.4kHzにできるので、

CD回すほうがいい音で聴けるかもしれないという……

まあ、あんまり気にしていませんが。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

これはよいもの 2 [俗・洋楽]


ディファレント・デイズ

ディファレント・デイズ

  • アーティスト:THE CHARLATANS
  • 出版社/メーカー: Hostess Entertainment
  • 発売日: 2017/06/02
  • メディア: CD

ちょ……なん……これ、なに。やばいやばいやばい。うおおおお、なんだこれ。

いま聴いた。聴いてる。

とっくに届いてたけど、そんなに期待してなかったので、今頃。

40秒くらいでこれは只事でないと思った。

今世紀最高のアルバム。まだ3曲目だけど。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

これはよいもの [俗・洋楽]


Change of Seasons

Change of Seasons

  • アーティスト:DreamTheater
  • 出版社/メーカー: Atlantic / Wea
  • 発売日: 1995/09/13
  • メディア: CD



シャーラタンズの新譜も届きましたが、これも一緒に届いたので先に聴いています。

そういえば買ってなかったな、と思って何気なく発注しました。

好きなアーティストでもシングルやミニアルバムの類まで網羅することはめったにないので後回しになっていました。

マストバイっぽかったので今回発注しました。

今回っつっても5月2日だけど。

一ヶ月以上かかりました。

途中、もうダメなのかも? と幾度か思いました。

同時に、ま、いっか、とも思っていましたが、今聴いていて、届いてくれてよかったと心から思います。

正直トレイン・オブ・ソート以降はどれがどれやらわかんないんですが、95年作品ということでまだわかる音です。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

人が沈んでいく映画です。 [俗・洋楽]


夜の瞑想(Deluxe Edition)(DVD付)

夜の瞑想(Deluxe Edition)(DVD付)

  • アーティスト: suede
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2016/01/22
  • メディア: CD

今日も何か洋楽の流しっぱなしにしようと思って、これのDVDを再生しておりましたが、

作業をしながらちらちら観ているだけで胸が締め付けられるので、途中でやめました。

こんな鬱映像、おしゃれ感覚で気軽に流しっぱとか、ありえない。

ライブにしとけばよかったと思います。

ライブだと作業の邪魔になるかな~と思って、敢えて挑戦してみたんですが甘かったです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

在庫切れのようですが [俗・洋楽]



昨日受け取ったけものフレンズの2巻を昨日も観たんですが、今日も観て、終わってまた観ようか、それとも1巻と入れ替えようか、と思ったんですが、やばいと感じ、なんとなくPLACEBOのDVDを再生しました。正解でした。無観客のスタジオライヴですが独特の雰囲気があって、ロックなんだけど疾走感とかじゃなくてじっくり聴かせる感じが好きです。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

当惑から [俗・洋楽]


メトロポリス・パート2:シーンズ・フロム・ア・メモリー(SHM-CD)

メトロポリス・パート2:シーンズ・フロム・ア・メモリー(SHM-CD)

  • アーティスト:ドリームシアター
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2009/06/24 (1999)
  • メディア: CD


今日届きました。ギターの音が目立つようになった気がします。なんか全体的によりアグレッシブになりました。

芸術性は99年のオリジナル盤のほうが上な気がします。

調和的というか、描き出そうとしてる物語の雰囲気に合ってる気がします。

09年リマスターSHM盤は一つ一つの音が主張しまくって、聴いてて想念があちこちとっちらかって物語がアタマに入ってこない感じ。

いまはまだ戸惑いの段階なのかも。そのうち、これはこれでとか、むしろこっちのがとか言い出すのかも。

映像美が凄すぎてストーリーがアタマに入ってこない映画みたいなもので、音が凄すぎるのかも。うるさいわけじゃなくて。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

そのうち買いそう [俗・洋楽]


メトロポリス・パート2:シーンズ・フロム・ア・メモリー(SHM-CD)

メトロポリス・パート2:シーンズ・フロム・ア・メモリー(SHM-CD)

  • アーティスト:ドリームシアター
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2009/06/24
  • メディア: CD

ドリームシアターの中ではこれが一番好きなアルバムなので、リマスター&SHM-CDということで買い替えと言うか買い増しをしてもいいかなと思ったけど、音質的に「買い替えの価値皆無」と書いてあったのでやめた。読まなきゃよかった。

昨日買ったBDのアンコールでこんなかから4曲もやってくれて燃え上がったのに。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の30件 | - 俗・洋楽 ブログトップ